温度に気を付けて

毎日のお風呂は日々の疲れを癒す非常に大切なものですが、この時のお風呂の温度によって身体に出る変化には違いがあります。特に綺麗な肌を作るためにはお風呂の温度に気を配るようにしないと綺麗な身体をキープすることが出来ないので、美容のためにバスタイムを利用したいという方はお風呂の温度に気をつけて入浴するようにしてください。

 
お風呂の温度は人それぞれで好みがあると思いますが、熱すぎるお風呂は美容にはあまり良い効果を発揮してくれません。熱すぎるお湯は単純に肌を傷つけますし、どんどん汗をかくと同時に肌に必要な皮脂まで落としてしまうのでお風呂上りに乾燥しやすくなるなどの変化が生じたり代謝機能が上がりすぎてしまったりと、肌のためになる効果が強く出すぎて逆に肌を傷つけてしまいます。なので美容のためにお風呂に入る際はなるべくぬる目のお湯にするようにしてください。

 
美肌のためになるお風呂の入り方は37℃から40℃までのぬるいお風呂の半身浴だそうです。ぬるいお風呂は長時間浸かり続けることが出来ますし、汗も無理なくどんどんかいて代謝機能の拡大や自律神経の正常化など実に様々な効果を発揮してくれるので、常に綺麗でいるためにはお風呂の温度調整にも気を配りましょう。

コメントは受け付けていません。